about

下の画像あべ総理ぽっい

サラリーマンは安泰ではなかった!?

サラリーマンになれば将来安泰だと思っていました。
が、それは、違いました。

僕が、就職したところはブラック企業というなの企業だったのです。
社会のことをあまりにも知らなさ過ぎたのです。

ITのエンジニアはなんだがかっこいいな。憧れではいった世界は、ただの、幻想でした。

そのようなことも知らずに、内定を勝ち取って、あとは、就職活動をそそくさとやめて、
卒業旅行にシフトチェンジした僕は、社会の荒波を全くとって知らなさすぎたことを後から気づくのです。

気づいたときには時すでに遅し、会社の歯車になっているのです。

正社員として、入った企業でしたが、実態は、派遣をするただの会社でした。
入社してすぐに大きな企業へ派遣されるのです。

そこは、理想としていた現実とはかけ離れ、窓のない牢獄のような世界です。
パソコン1台を渡され、窓のない部屋で人はぎゅうぎゅうづめで、すしずめ状態です。
黙々と日々仕事をし続けるのです。

ストレスで十円ハゲができるほどです。

残業100時間をゆうに超えていくのです。
このような過酷な世界だとは誰が想像したでしょうか。
でも結構な方々が経験されているのではないでしょうか。

大学生の方々はまだでしょうか。

新卒の私が、仕事についてはじめて経験した体験です。

ところが、奇跡的にあることが起こるのである。

それは。

なんと

ネットビジネスに出会う


自力で稼ぐ力を付けるということに気づくのです。

会社の歯車が嫌ならば、自力で稼げばよいのです。

今日本社会の構造が少しずつ変化していることに気づいているでしょうか?

その変化に気づき始めている人は多くいると思いますが、何をしてよいのかわかりません。
その対策として、自力で稼ぐ力をつけるのです。
今まさに変動変革の時代です。
立ち上がれサラリーマン。
激動の時代を生き延びましょう。

実は、ブラック企業といいますが、実は、ブラック企業で経験して後々気づかされることがあります。
何を気づかされるのかというと、ブラック企業で培われたスキルがついているということに。
ただ、そのスキルをブラッシュアップすれば良いということに時間がかかりましたがわかりました。

遠回りをしてようやく気づく人もいれば、やりたいことがすでに決まってそれをただやり続けるだけであるということ。
すべては、何かを突き詰めて行い続けるということ。
コミットするゴールを決めるということが重要であるということに気づかされるのです。

だらだら何かをやる続けると何がやりたいんだかわからなくなります。
早めのコミットと、やり遂げる意思があればよいのです。

また、仕事のやり方なのですが、スピード感はとても重要です。
スピード感を保ちゴールに対してコミットし続けるとモチベーションを保てます。

参考ブロガーまとめ

こちら

投稿日:7月 26, 2017 更新日:

執筆者:

    
Bitnami