etc

ハングリー精神を身につけ小さな成功体験を経験しよう!

投稿日:5月 20, 2018 更新日:

起業家の方やいま売れている人たちは、口々にハングリー精神がなければここまでこれなったような話がある。

かなり昔の話ですが

とある事業家の方は、小学校しか卒業せずかなりまずしい状態で、田舎から首都圏に引っ越してきて、裸一貫で、仕事はなんでも引き受けたそう。

当時は、失うものがなかったので、できたようです。

その方は、人脈やお金は何も持ち合わせていませんでしたが、友人にお金などを借り事業を起動にのせていったそうです。

当時の金額でなんと数億ほど借りていたそうです。

どうやら、根っからの商売人のようです。

仕事の話はなんでも引き受けて、仕事をしていったエピソードがあります。

小さな仕事をこつこつと続けていったようです。

小さな仕事をこつこつと続け、失敗や成功を繰り返し行い、お金を借りていたが、当時行っていた事業は拡大していったようです。

豪快な方です。

そして、今その事業が代々受け継がれているそうです。

とても、現代社会では、考えられないエピソードです。

当時、起業することは非常に難しかったと思います。

かの有名な、ほりえもんさんや、松本ひとしさんも貧しい生活でハングリー精神が強かったようです。

今の社会は、インターネットがあり、学生でも企業がしやすくなった時代です。

インターネットから遠方の情報を知ることができるのです。現地に行かなくても知ることができるのです。

また、知りたい情報などインターネット情報にあったりします。また、それが正しい情報なのかは自分で検討しなくてはなりません。

すべてを鵜呑みにしてはいけない。取捨選択は自分でするのです。

間違った情報を入手してしまうと失敗してしまいますが

誰でも、事業を作り出すことができる時代なので恵まれた時代です。

食べ物で困っているアフリカの難民の方々と比べると、非常に成功しやすい環境にいるのではないでしょうか。

食べ物に困るということは現代の日本では考えがつきません。

食べ物に困ったら日雇いのバイトをして現金を受け取ったら、コンビニで買い物すればすぐに食べ物が手に入ります。

約100円くらいで食べられるこっぺぱんは美味しいですね。

約150円くらいのカップラーメンもコンビニで購入して、お湯もコンビニで提供していることについては当然のように思いますが、

これも恵まれていると思います。

コンビニのカップラーメンのコーナーは充実していて選択肢が多くあります。

この充実している裏には、それを支えている物流網があることも恵まれているのです。

とっても、恵まれた環境ですね。

過去にさかのぼると、数千万円ないと会社が作れない時代がありました。

いまは、なんと、会社が1円から作れる時代です。

ちなみに、その他事務手数料は別途かかるので、ほんとに会社をつくると合計で1円以上はかかります。

信じられない時代です。

最新の情報をキャッチアップし挑戦した方が良いと思います。

立ち上がれ若者よ!

チャンスは自ら拾いに行くものです。

アドセンス




アドセンス




-etc

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

おすすめブログパーツ

よめればのリンクを張ります。 以下お奨めです。 http://yomereba.com/ 関連記事 / ブログを運営して三ヶ月目に入りました。収入に関して 月に一度は歯医者さんへ行こう 買い物へ行こう …

スヌーピーをテーマにしたデザインホテル「PEANUTS HOTEL」オープン【神戸】

公式サイトにに予約は7月に公開ですと記載があります。 7月9日 午前10時からWEB予約スタートだってさ!! 気になります。 楽しみですね!!! サイトを見たい方はこちらから見られます。 ここ 関連記 …

大迫半端ないってのルーツ映像

滝川第二高校キャプテンの 中西隆裕さんが生みの親です。 取材にて 「おおさこ半端ないってー」 「後ろ向きのボールめっちゃトラップするもん」 と話している映像が見られます。 今は、サッカーを離れ会社員の …

バイト探し

関連記事 / スケルトン 月に一度は歯医者さんへ行こう 楽天の電気 いま人気のアフィリエイトを紹介 楽天で新生児用のパンパースを購入してみた!!! 豊洲市場いちおしデートスポットご紹介 ふるさと納税で …

ZTE事業閉鎖!?

中国のスマホを販売している会社が閉鎖か? 安いから買おうと思ってたのに。 関連記事 / このご時勢安泰ではない 転売ビジネスについて 買い物へ行こう シェアリングエコノミーについて考えてみた 今年は母 …

    
Bitnami