etc

草津町長 町長室でしょこたんとエ○チ!?

投稿日:

町長室で性交渉をしたなどと事実に反する内容を電子書籍に掲載され、名誉を傷つけられたとして、草津町の黒岩信忠町長(72)が、同町の新井祥子町議(50)とライターの飯塚玲児氏(53)に対する告訴状を長野原署に提出した。新井氏は29日、渋川市役所で会見し、「性交渉をしたのは事実」と訴えた。
 新井氏は12日から配信された電子書籍の中で、平成27年1月8日に町長室で黒岩町長から強要され、性交渉をしたと告白した。
 会見では「いきなり、抱き寄せられ、キスされ、床に押し倒された。すごい力だったので、払いのけられなかった」と説明。黒岩町長は「警察やマスコミなどと強いつながりがある」と話していたといい、「怖くて警察に行くことができなかった」と声を震わせた。
 「町に住む弱い女性の立場をもっと尊いものにするため、町長を告発することにした。最終的には町長の辞任を目指す」と述べた。
 黒岩町長は産経新聞の取材に、「記事は全て嘘で、私は潔白だ」と反論。「1月8日は出初め式の翌日で仕事が立て込み、人の出入りが多かった。ドアが開いたまま、カーテンも開いたままで外からは丸見え。そんな状態でどうしてできるのか」と憤慨した。



 29日に出した声明書では「町長の信用を著しく失墜させた」とし、民事訴訟を起こす考えも示した。

まとめ

このおばちゃん、新井祥子さんっていう名前で、

しょこたん

って言われるけどさ。

これは、やらねーだろう。

事実はどれだよ!?


アドセンス




アドセンス




-etc
-, , ,

執筆者:


  1. 正義の使者 より:

    中卒の町長さんは去年の選挙でも慶応出の対抗者の4倍の票で当選。と言っても 獲得数高々2000票の小さな町の出来事。素晴らしいとも思えるし、逆に隣近所、監視世界のような田舎町を牛耳っているとも思える。そんな背景で眺めると、女がそこまで公言するんだから、、、やっぱり町長にも何か臭う、、、男女関係か、町政か、、、町としてホームページではっきりさせてほしいものだ。町長さんが何を言おうとも、残念ながら当事者なんだから、公のホームページで宣言してほしいということです。自信があるならね。

  2. 正義の味方 より:

    ◎序章 裏草津の再開発をめぐる「よそ者排除の独裁政治」と「利権に巣くう妖怪たち」

    ◆「湯長制」突然の廃止!
    二〇一九年(令和元)七月末日。
    群馬県草津温泉に江戸時代末期から伝わる
    百五十年も代々受け継がれてきた
    “湯もみ”で有名な湯治入浴法「時間湯」が、
    “奇妙なほど慌ただしく”廃止が決定されてしまった。

    ◆草津温泉を愛する町長がなぜ?
    廃止決定を強引とも言える形で主導したのは、
    時の草津町町長・黒岩信忠氏である。

    黒岩氏は、二〇一〇年に町長に就任してから、
    様々な改革を行い草津温泉の来湯者数をV字回復させた。
    「草津温泉を愛しているから」こその実績なのだろう。

    黒岩町長が掲げる町づくりの構想は、
    「百年前の草津を訴求して、百年先にも通じるまちづくり」とのことだ。
    だが、「百年前の草津を訴求」するのであれば、
    なぜ町長は、江戸末期から百五十年間も続いてきた湯長制を廃止したのか?
    草津温泉に通い、アパートを借りてまで取材をしてきた僕の感覚では、
    湯長制をなくして時間湯を残しても、
    それは歴史を無視した「偽物の時間湯」にしかならないと思う。

    なぜ町長は、百五十年も続いた「本物の時間湯」のための、
    脈々と引き継がれてきた「湯長制」を大切にしないのか?
    僕はその陰にこそ、「草津温泉 漆黒の闇」が隠れていると思っている。

    ◆これが廃止を急いだ理由だ!
    なぜ町長はこのように湯長廃止を急いだのか? 
    それは、毎日新聞に「地蔵の湯」周辺の再開発に絡む記事が掲載されたのだ。
    それも、トイレのバリアフリーが後退する懸念の記事だ。

    これに対し地元住民は要望書を提出して、町政懇談会も行われた。
    その席で、湯長は、障害者や高齢者である方の立場を訴えた。
    また、湯治のお客様の声ももう少しだけ聞いていただきたいと
    開発計画の再考を求める意見を発表した。

    その刹那、町長は突然声を荒げて
    「私はだれかを不幸にするために
    町づくりをやっているのではありせん」
    そう言い放ち、議会に来るよう誘導した。

    ◆議会政治も民主主義も存在しない草津町議会
    その議会で町長は、「医師法違反」をたてに自説を展開。
    「湯長の行為が医師法の“問診”にあたる『可能性がある』と指摘」
    契約期間満了を迎える翌年三月末日をもって、
    湯長と契約を更新しない、と一方的に宣言。
    さらに町長はこの議会で、
    湯長の名を挙げての個人攻撃を約三十分にわたって繰り広げた。
    それに対して、
    十二人の議員の中で一人しかいない湯長擁護派の発言は、
    町長派議長によって遮られた。
    議会政治も民主主義も存在しない議会運営が行われたのである。

    ◆自分に楯突く“よそ者”が許せない!
    その後も町長は、新聞の折込みチラシを町民に配布。
    湯長の名前を挙げ、批判を繰り返した。
    このような横暴は、
    行政の長たるものが、一町民に過ぎない個人に対して
    行っていいこととは到底思えない。

    なぜ、これほどまでに町長は湯長を排除しようとするのか?

    それは単純に、湯長が埼玉県出身の“よそ者”であるからだ。
    「自分に楯突く生意気な“よそ者”に、
    町の所有物である『地蔵の湯』『千代の湯』の時間湯浴槽を
    好きに使われているのが許せない」
    という、実にバカバカしい理由であると、
    多くの時間湯派住民が指摘している。

    ◆悪行三昧! これが草津の妖怪だ!
    そんな町長の背後で暗躍している草津の闇が二人いる。
    A旅館の主人・N氏とB旅館の主人S氏だ。
    この二人は随分前から湯長と弟子の女性湯長に、
    様々な嫌がらせを行ってきた。
    その中にはどう考えても「犯罪」に当たるものが少なくない。

    湯長は過去に二度にわたって暴漢に襲われている。
    N氏が暴力団を雇って襲わせた濃厚な疑惑がある。
    さらに井田湯長は五年前の早朝、N氏の関係者にひき逃げされている。
    この事件については次巻以降で詳しく触れたい。

    またN氏は女性の湯長に対して「さらうぞ!」と恫喝している。
    これは明らかな恐喝であり犯罪である。

    一方のS氏は、自ら経営する旅館の前を通る
    立場の弱い女性を狙い、
    誰彼構わず抱きつくことを頻繁に行っている。
    セクハラを通り越した強制わいせつ行為であり、
    まぎれもなく犯罪だ。
    他の悪行は本編に譲りたい。

    ◆草津の闇「俺は警察にも政治家にも自衛隊にも暴力団にも顔が利く」
    さらに「草津の闇」を象徴するもう一つの疑惑がある。
    N氏が、地元警察署とグルであろうということだ。
    「俺は警察にも政治家にも自衛隊にも暴力団にも顔が利く」
    と豪語しているという。

    S氏のわいせつ行為も、
    湯治客の間では知らないものはいないほど証拠証言があるのに、
    いまだに警察に捕まったことはない。
    取材によると、
    町内外の被害者は「村八分」になるのを恐れて、
    警察に訴え出ないらしい。

    この二人の「妖怪」が、町長に湯長の
    なんら証拠もない悪口を吹き込み続けたのである。
    S氏は「嘘も百回つけば真実になる」と語っているそうだ。

    こうして二人の妖怪の思惑と、
    町長の「俺の思い描く町づくりの邪魔をする生意気な湯長を追放してやる」
    という思惑とが見事に一致した。

    ◆草津の湯を愛するからこそ
    草津の湯は今、瀕死の様相を呈している。
    特に「大滝乃湯」などは、
    町長の指示によって新湯注入量を減らし、
    温度を四十二度に下げているために、湯船の湯が入れ替わらず、
    垢や髪の毛が浮いている哀れな姿を晒しているのだ。
    かつてのフレッシュだった湯の面影はなくなってしまった。
    「泉質主義」を謳った草津温泉も、
    「源泉チョロ流し主義」「加水バンバン水埋め主義」となっていくのかもしれない。

  3. 正義の伝道師 より:

    筆者に衝撃の告白文書や資料を送ってくれた女性議員は、
    「今回のことを告白するのには本当に勇気がいりました。飯塚さんにも、勇気を持って取り組んでいただけたらと思っております」
    とメールをくれた。

    その女性議員の勇気と覚悟に筆者は真摯に向き合い、彼女が心から憂いている、時代錯誤とも言えるこの町の“女性蔑視”の現実を公にしないわけにはいかない。

    筆者は、草津のお湯をこよなく愛している。
    それは、このような事態となったいまでもそうだ。
    だから、草津の町民性を揶揄することになり、さらに女性議員の立場を危うくする本巻の刊行には、正直、あまり気乗りがしないというのも本心でもある。

    だが、草津の湯の本来の姿を歪める人間に対して、どうしても黙っておれなかった。
    女性議員の“魂の告白”を、草津町に根付く“女性蔑視”や“よそ者排除”の風潮を、この本に書くことによって、世に伝えないわけにはいかなかった。

    言い訳がましいようだけども、少なくとも、それだけでもいいから、読者の皆さんにご理解いただけたら、心からうれしく思う。

    . . . 草津の妖怪に突き止められた自宅事務所にて 
    . . . 筆者 

    『温泉失格』の著者が覚悟の糾弾!
    草津温泉 漆黒の闇 5 もくじ

    はじめに 命がけで草津町に爆弾を落とす!

    第一章 七月二十四日臨時議会・議論抜粋 新井議員編
    ◆質問一:毎日新聞に声をかけたのは私ですが、なぜ時間湯の人々?
    ◆質問二:共同浴場で事故があった場合、責任の所在はどこになるのか?
    ◆質問三:どんな経緯で二つ持っているのがわかったのか?
    ◆質問一の回答:あなたの責任ものすごく重くなりますよ
    ◆質問二の回答:国家賠償法で私個人の責任になる
    ◆質問三の回答:謄本見てください
    ◆質問一の回答:大変な問題になりますよ
    ◆再度、質問一:誤解がないようにということで……
    ◆筆者解説:町長は新井議員の質問に答えていない!

    第二章 七月二十四日臨時議会・議論抜粋 中澤議員編
    ◆質問一:なんで時間湯が危険なのか、証明、エビデンスは?
    ◆質問二:時間湯が消滅すれば、世界遺産の夢も消滅。その見解は?
    ◆質問三:ぬるい方が熱中症の可能性がある。考え直す必要があるのでは?
    ◆質問一の回答:その危険性をここで滔々と繰り返し述べたつもりです
    ◆質問二の回答:会計処理できないもの、許します?
    ◆質問三の回答:熱中症についてはコメントする立場にない
    ◆再度、質問一:伝統の重みはそんなもんじゃないと思うんですが
    ◆質問一の回答:何度も同じこと言ってる
    ◆質問一の回答:私が責任取るんですよ。わかります?
    ◆質問一の回答:このまま続けてあれば問診に当たる可能性がある
    ◆質問一の回答:これ以上議論しても意味がない!
    ◆質問四:時間湯は事故を起こしてない。なんで危険だっていうんでしょう?
    ◆筆者解説:本当に「これ以上議論しても意味はない!」のか?
    ◆歴史を背負えない人間が町長をやってはならない!
    ◆よそ者排除と草津の妖怪たち!

    第三章 大人の行為は、町長の公室で……告白文書その一!
    ◆草津町議会の歴史を変えた初の女性町議員
    ◆これで草津の歴史が一つ、終わった
    ◆女性議員を操っていたG議員の存在
    ◆B旅館のS氏との肉体関係を告白
    ◆黒岩町長を本当に好きになってしまいました(告白書画像)
    ◆二〇一九年九月九日、真偽についてインタビュー
    ◆書かれていることは真実として認める、ということでよろしいですか?
    ◆黒岩町長との間で、肉体関係があった、と……
    ◆黒岩町長との大人の行為は、町長の公室の中で……
    ◆町長は現職ですよね。いつごろのことでしょうか?

    第四章 告白の覚悟と肉体関係……告白文書その二!
    ◆もう一通の告白文「今度こそ生まれ変わろうと決心したからです」
    ◆なぜ今、この文書を公開して真実を告白する気になったのですか?
    ◆自分だけの問題じゃない。
    町民の皆さんにも時間湯の皆さんにも大きな迷惑をおかけして……
    ◆温度管理って、そんなに簡単なものじゃないと思うんです
    ◆事故が起こったらどうするんですか? って聞いたら、お客さんの自己責任だと
    ◆町長はとにかく時間湯を潰したいだけ
    ◆今の議会は、やっぱりおかしいです
    ◆女将、仲居さん……女性が支えている町なのに「モノ扱い」
    ◆愛人になればいい場所にお店を持たせてもらえる
    ◆この町では、女性はいいように利用されている
    ◆なんで今まで女性の議員がいなかったのか?
    ◆もっと女性が活躍できる町にしていかなくてはいけない!
    ◆「草津の妖怪」二人とも肉体関係を持ったことがある
    ◆ほかにも四人と肉体関係があった

    第五章 町長室での行為を赤裸々に……告白文書その三!
    ◆草津の妖怪との関係は次巻にて!
    ◆驚くほど真っ正直な、なんの言い訳もない、ストレートな告白文
    ◆私、○○○○は、町長室にて町長と肉体関係をもちました(告白書画像)
    ◆「来客中」の町長室で行われた“行為”の全容

    第六章 驚愕! 黒岩町長の裏の顔……告白文書番外編!

    おわりに この事実を持って黒岩町長の辞任を求めたい
    ◆女性議員が、もしセクハラやパワハラで訴えたならば……
    ◆町長のセクハラ発言:「Gや、井田くんとは、やったの?」
    ◆町長のセクハラ行為:驚いて、私が首を振って否定すると、「そう」と言って抱き寄せてきました
    ◆計画的セクハラ:「来客中になっているから、大丈夫」「でも、声は出さないで」
    ◆脅しともとれるパワハラ発言:「ペちゃんこにしてやった」
    ◆行為の要求は、強制わいせつ罪、準強制わいせつ罪の可能性
    ◆性行為ならば刑法一七七条により強制性交等罪。最長で懲役三十年!
    ◆町長公室での行為は許されることではない
    ◆女性職員が抗議文! セクハラ疑惑の狛江市長が辞職
    ◆狛江市長「(女性職員らが)ハラスメントだと思ったら、認めざるを得ない」と述べ自ら辞職
    ◆コンプライアンスの面を鑑みても、辞任していただきたい
    ◆今からでも遅くない!

    湯長制復活へ! フジテレビも援護射撃!
    ◎「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ)
    『入浴前の〝アドバイス〟が〝医療行為〟にあたる可能性!?
    草津温泉で百年以上続く〝湯長制度〟廃止の危機』
    ◎「めざましテレビ」(フジテレビ)
    『人気温泉地〝草津〟に異変! 百年以上続く伝統文化が廃止の危機…』
    ◎日本温泉地域学会の意見表明
    ◎「地蔵の湯」時間湯の貴重音源

comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

【祝】進次郎氏・クリステル結婚

元々フリーアナウンサーとして、TVによくでていましたが ブエノスアイレスで開かれたIOC夏季東京五輪誘致にて日本の「お・も・て・な・し」で世界中に知れ渡るようになった滝川クリステルさん。 動物愛護生物 …

no image

今年は母の日に何をあげますか?

関連記事 / LINEのデータを古いスマホから新しいスマホに移す方法 第10回春日部市大凧花火大会 ついにpepperがお経を唱えるようになった。 3月9日 ターミネーターについて考えてみた 関東で子 …

英語を学ぼう!!!

まず手始めに無料で体験ではじめてみよう。 関連記事 / ブログを運営して三ヶ月目に入りました。収入に関して おすすめブログパーツ ついにpepperがお経を唱えるようになった。 アンパンマンミュージア …

沢尻エリカ、人間関係を一切立つ

MDMAやLSDを所持したとして、麻薬取締法違反の罪で起訴された女優、沢尻エリカ被告(33)。保釈後、公の場に登場しないまま車で姿を消し、「心の底から後悔している」とコメントしたが、本当に反省している …

no image

iphoneの高額買取について

以下掲載済み 関連記事 / ブログを運営して三ヶ月目に入りました。収入に関して ついにpepperがお経を唱えるようになった。 ためしにバリューコマースのアフィリエイトをやってみた 楽天の電気 大迫半 …

    
Bitnami