ワードプレス

AWS環境でwordpressのhttps化の備忘録

投稿日:2月 16, 2019 更新日:

今流行の、AWSの環境にてHTTPS化を行う。

前提条件:すでのhttpで作成されたブログサイトが作成されている状態

httpの状態のワードプレス環境を構築することは比較的すんなりいきました。
ので省略しています。

■SSL証明書を発行

AWS環境には『Certificate Manager』という証明書を発行できる機能があります。
無料のようなので、そのまま使用します。

■ロードバランサーを作成

 Application Load Balancerで作成
 リスナーの作成(80、443)
 セキュリティグループの設定
 ⇒wordpressで使用しているものを使用する
 ターゲットの登録(80)
 作成ボタンを押す

■DNSでドメイン名とELBとの関連付け(Route 53)

『wordpressのHTTPS化てこずった要因』
HTTP通信で表示させないように、HTTPS通信にリダイレクトする設定
について
sudo vi /opt/bitnami/apps/wordpress/conf/htaccess.conf


RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !=on
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} !=https
RewriteRule ^/?(.*) https://%{HTTP_HOST}/$1 [R,L]


RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index\.php$ – [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]

挿入位置がよくなかったようだ。

頭の方に挿入することにする。

つい、最後の方に貼り付けることをしたため、上手くいかなった。

まだ、できていないようだ。
httpで見れる。

error_logから以下のエラーが出力していた。
client denied by server configuration: /opt/bitnami/apps/phpmyadmin/htdocs/scripts

コンフィグの設定がどうやらあっていないようだ。
調べてみて。

以下の設定を行ったら上手くいきました。

■httpからhttpsへリダイレクト

$ vim /opt/bitnami/apps/wordpress/conf/httpd-prefix.conf
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:X-Forwarded-Proto} !https [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]

sudo /opt/bitnami/ctlscript.sh restart apache

まとめ

AWS上でのhttps化について、複雑なためか、かなり手間取ります。
時間あるときにやりまししょう。
こんがらがります。

アドセンス




アドセンス




-ワードプレス

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

WordPressのプラグインSpeech Bubbleの使い方!

ワードプレスでLineのような噴出しを、作りたいと思いまして、どんなのものがあるのか調べると Speech Bubbleと言われるものがあることがわかりました。 では、使ってみましょう。 まず、スピー …

    
Bitnami